特待生・奨学生制度

特待生制度

横浜実践看護専門学校特待生

広く優秀な人物を社会へ送り出すことを目的とした制度です。本校全受験者が選考の対象となり、入学試験の成績優秀者を特待生として採用します。

区分 詳細 募集定員 応募資格 備考
特待生 授業料(80万円)
全額免除
最大10名 本校全受験者が
選考の対象
定員に達し次第
締切
  • ※2年次以降は、年度ごとに、成績、生活態度等に基づく審査を実施し、特待生を決定します。また、選考日程に合わせて定員があります。
  • ※特待生制度の詳細については、『学生募集要項』をご確認ください。

給付型奨学生制度

岩崎学園看護師育成基金

本校に入学を強く希望する者で、学業成績、人物が優秀であり、自立心が旺盛であるにもかかわらず、経済的理由により学費が不足する方を学園としてバックアップすることを目的として、合格者の中から選考のうえ奨学金を給付する制度です。
なお、特待生として採用された場合は、特待生が優先され、奨学金と重複する形で給付を受けることはできません。

  プランA プランB
金額 授業料(80万円)全額免除 授業料(80万円)半額免除
応募資格

以下全ての条件を満たす者

  1. ①平成30年3月高等学校卒業見込の者、高等学校卒業の者
  2. ②推薦入学、一般Ⅰ・一般Ⅱでの入学を希望する本校専願の者
  3. ③本校が定めた家計基準を満たしている者
家計基準 〈目安〉4人世帯の収入の場合
給与所得 800万円以内(税込)
給与所得以外 400万円以内(税込)
〈目安〉4人世帯の収入の場合
給与所得 1,000万円以内(税込)
給与所得以外 500万円以内(税込)
募集人員 各プラン最大15名(定員に達し次第締切)
応募方法 詳細は、別途「岩崎学園看護師育成基金応募要項」を入手し、希望者は、応募締切日までに選考結果通知書同封の「岩崎学園看護師育成基金申請書」を提出してください。
給付方法 入学手続に必要な学費から給付額を差し引いた学費を納入。
  • ※ 2年次以降は、成績、面接に基づく審査を実施し、承認を得た場合引き続き給付の対象となります。
  • ※奨学金の給付期間中に退学・除籍の場合、給付を中止し、減免された奨学金は、指定期間内に一括して全額返金していただきます。

「岩崎学園看護師育成基金プランA」採用の場合

授業料80万円全額免除により初年度納入金は60万円!

学費サポート制度の例

貸与型奨学生制度

岩崎学園奨学生

岩崎学園グループの専門学校に入学を希望する者で、学業成績、人物が優秀であり、自立心が旺盛であるにもかかわらず、経済的理由により学費が不足する者に対して、合格者の中から選考のうえ、年間50万円の奨学金を貸与する制度です。なお、特待生として採用された場合や、岩崎学園看護師育成基金の給付が決定した方は、重複する形で貸与を受けることはできません。

金額 年間50万円貸与(無利息)
応募資格

以下全ての条件を満たす者

  1. ①平成30年3月高等学校卒業見込の者、高等学校卒業の者
  2. ②学習評定平均値が3.5以上の者
  3. ③本校を専願する者
募集人員 若干名(定員に達し次第締切)
応募方法 別途「岩崎学園奨学生応募要項」を入手し、希望者は、
応募締切日までに「岩崎学園奨学生申請書」を提出してください。
貸与方法 入学手続に必要な学費から貸与額を差し引いた学費を納入。奨学生の選考結果が出るまで、応募者は入学手続締切日(学費納入)を自動的に延期します。
返済方法 卒業後、返済規定にしたがって、一定期間内に奨学生本人が分割返済。無利息。
  • ※ 2年次以降は、面接に基づく審査があります。

岩崎学園震災特別対応基金

岩崎学園奨学生特別枠として、震災被害をを受けた方々が夢をあきらめることのないよう、就学機会の確保に努める制度です。
該当するのは、一次的、二次的に被災され、岩崎学園グループの専門学校に入学を希望する者とします。なお、特待生として採用された場合や、岩崎学園看護師育成基金の給付が決定した方は、重複する形で貸与を受けることはできません。

貸与金額 最大50万円貸与(無利息)※1
応募資格

東日本震災以降、地震・火災・風水害等の災害に被災、または災害による家計支持者の失職・破産・事故・病気・死亡等により家計が急変し、奨学金が必要となったと認められた者で、意欲があり、学業を確実に終了できる見込がある者

募集人員 若干名
貸与方法 入学手続きに必要な学費から貸与額を差し引いた学費を納入。
  • ※1 2年次以降は、成績に基づく審査があります。

一般財団法人岩崎ともみ奨学財団奨学生(給付型)

一般財団法人岩崎ともみ奨学財団が指定する大学、大学院大学、または専門学校(職業実践専門課程)に在学し、学業・人物とも優秀かつ健康でありながら、経済的な理由により職業教育を受けるための修学が困難な学生に対して、奨学金を給付する制度です。

出願資格

平成29年2月現在で一般財団法人岩崎ともみ奨学財団が指定する大学、大学院大学、または専門学校(職業実践専門課程)に在学し、次の各号の全てに該当する方。

  1. ①神奈川県内の大学2年生在学以上の方、大学院大学1年生在学以上の方、職業実践専門課程を設置する専門学校1年生在学以上の方
  2. ②学業の成績が優秀である方
  3. ③学費の支弁が困難である方
  4. ④採用後、一般財団法人岩崎ともみ奨学財団が指定する銀行に自身で普通預金口座を開設できる方
  5. ⑤一般財団法人岩崎ともみ奨学財団の指定する行事へ出席を優先できる方
採用人数 若干名
給付金額 月額3万円(年額36万円となります)
  • ※入学前の申込みはできません。
  • ※上記は平成29年度生募集時のものです。

優待制度

家族優待制度

(1)概要
横浜実践看護専門学校在校生の兄弟姉妹・親子が、推薦入試を受験し入学する場合、入学金20万円を免除します。
※指定校推薦入学試験を受験し入学する場合、重複する形で免除を受けることはできません。
  詳細は、「指定校推薦募集要項」をご確認ください。

(2)利用方法
家族優待制度を利用する場合は、応募期日までに選考結果通知書同封の「横浜実践看護専門学校家族優待制度申請書」を提出してください。

独立行政法人 日本学生支援機構奨学生

高校時からの予約採用※の場合

入学後、本校に所定の書類を提出してください。

※日本学生支援機構には、卒業後の進学先で奨学金を受けるために高校在学時に、奨学生の予約採用を行っています。申込窓口は在籍高校、申込期間は高校3年生の4~5月頃ですが、高校によって異なりますので、詳しくは高校の先生にご確認ください。

本校入学後の申込の場合

4月に説明会を実施後、申込となります。

  第一種 (無利息) 第二種(在学中は無利息、卒業後3%程度の利息付)
貸与金額 自宅通学:3万円、または5万3千円
自宅外通学:3万円、または6万円
3万円、5万円、8万円、10万円、
12万円より選択可能
学力基準 高校2年次から3年次までの
成績の平均値が3.2以上
高校における成績が平均水準以上
家計基準 〈目安〉4人世帯の収入の場合
(自宅通学者)
給与所得 779万円以内(税込)
給与所得以外 371万円以内(税込)
〈目安〉4人世帯の収入の場合
(自宅通学者)
給与所得 1,122万円以内(税込)
給与所得以外 714万円以内(税込)
採用人数 若干名
返済方法 卒業後、本人名義の預金口座から自動引落で、毎月返還していただきます。
  • ※ 上記は、入学後に日本学生支援機構奨学生を申込む場合の基準となります。

神奈川県看護師等修学資金

神奈川県内において、将来看護職に従事する有能な人材育成を目的とした修学資金貸与制度です。卒業後に「県内で看護職として従事する」意思がある者を対象に、選考後貸与されます。

  一般修学資金 特例貸付修学資金
貸与金額 月額2万円 月額4万円
初回加算金10万円
応募資格 ①文部科学大臣、厚生労働大臣または、都道府県知事が指定した学校または養成所に在学する者
②成績が優れ、性行が正しく、身体が健康である者
③卒業後、県内において看護職の業務に従事する意思を有する者
左記①~③に加えて、次の要件を満たしている者
④住民税が非課税の世帯もしくは住民税が均等割のみの世帯の者
<目安>4人家族の場合
世帯年収約250万円未満
返還免除要件 卒業後、下記の施設に5年間(3年間)継続して従事する
免除対象施設
(神奈川県内)
5年:病院、保健所、児童福祉施設等
3年:200床未満の病院、診療所、精神科病床数が8割以上の病院等
  • ※ 入学後に説明会を実施いたします

教育ローン

教育ローンを利用することで、入学前に学費を用意することが可能になります。返済については、在学中は利息のみを支払い元金返済を据え置く「元金据え置き型分割払」や、在学中は保護者の方が返済、卒業後はお子様自身が返済を行う「親子リレー返済方式」がとれる教育ローンがあります。

日本政策金融公庫 ―国の教育ローン―

融資額 学生1人につき350万円以内
返済期間 15年以内(交通遺児家庭および母子家庭または、世帯年収(所得)200万円(122万円以内)の場合18年以内)年利1.81%(平成28年4月11日現在)
母子家庭または世帯年収200万円(122万円)以内の場合は年利1.41%
保証 保証人は原則1名。
ただし、(財)教育資金融資保証基金の申込みを行うと保証人は不要。
問合せ先 最寄りの日本政策金融公庫または日本政策金融公庫横浜西口支店(045-311-2641)
教育ローンコールセンター 0570-008656
URL : http://www.jfc.go.jp/

その他の教育ローン

岩崎学園がご案内できるその他の教育ローンは以下の通りです。

三井住友教育ローン

  • 融資額 / 10万円~300万円
  • お問合せ先 / 三井住友銀行 横浜駅前支店 TEL.045-311-3731(代)

みずほ教育ローン

  • 融資額 / 10万円~300万円
  • お問合せ先 / みずほ銀行 横浜駅前支店 TEL.045-311-1341(直通)

横浜銀行教育ローン

  • 融資額 / 10万円~500万円
  • お問合せ先 / 横浜銀行 横浜駅前支店 TEL.045-311-1571(代)

セディナ学費ローン

  • 横浜実践看護専門学校と株式会社セディナ(三井住友銀行グループ)の提携による教育ローンです。
    簡単な手続きで、学費(入学金・授業料・教材費)の融資を受けることができます。
  • 融資額 / 4万円~500万円
  • お問合せ先 / セディナカスタマーセンター TEL.0120-686-909

岩崎学園 学費分割納入制度

入学手続締切日までに日本学生支援機構奨学生の予約採用が決定した方を対象とした、学費分納制度です。入学手続では、 入学金のみを納入し、その他は月分割となります。希望者は、出願前に学費相談窓口へご連絡ください。
フリーダイヤル 0800-800-4173

対象 日本学生支援機構奨学生の予約採用者(第一種・第二種)
手続き

合格通知到着後指定期日(8日後)までに、下記書類を提出

  • 本校所定の「学費延納願」
  • 日本学生支援機構予約採用決定通知書の写し(コピー)
  • その他本学園が認めた書類
毎月分割納入額 本学園と利用者で協議のうえ決定