カリキュラム

「人の役に立ちたい」を形にする3年間のカリキュラム

1年次 看護の基礎を学ぶ

看護師が出会う全ての人や取り巻く環境について理解を深め、知識や技術の基礎を修得します。

基礎分野 論理的思考、人間工学、教育学、心理学、カウンセリング、人間関係論、医用英語論理的思考
専門基礎分野 解剖生理学Ⅰ〜Ⅲ、生化学、病理学、微生物学、薬理学、治療論Ⅰ、呼吸器疾病と障害、消化器疾病と障害、循環器疾病と障害、 血液・アレルギー、内分泌・代謝疾病と障害、脳中枢神経・運動器疾病と障害、腎泌尿器疾患、感覚器疾患と障害、医療概論
専門分野Ⅰ 護学概論、看護の基本技術、フィジカルアセスメント、日常生活の援助Ⅰ〜Ⅲ、診療の補助技術Ⅰ・Ⅱ、臨床看護総論、看護過程、基礎看護学実習Ⅰ
専門分野Ⅱ 成人看護学概論、老年看護学概論、小児看護学概論、母性看護学概論、精神看護学概論
統合分野 在宅看護概論
39

2年次 看護の応用力を養う

知識と技術に基づいた臨機応変な対応や冷静な判断、看護師としての“気づき”など演習を通じて養います。

基礎分野 情報科学、研究の基礎、生命倫理、国際文化交流
専門基礎分野 治療論Ⅱ、臨床栄養、家族社会学
専門分野Ⅰ 基礎看護学実習Ⅱ
専門分野Ⅱ 呼吸・循環機能障害患者の看護、消化吸収・代謝機能障害患者の看護、排泄・血液・造血器機能障害患者の看護、脳神経・運動器・感覚器機能障害患者の看護、成人看護事例演習、高齢者の日常生活と看護、健康障害のある高齢者の看護、老年看護事例演習、子どもの発達段階に応じた看護、健康障害をもつ子どもの看護、小児看護事例演習、妊娠期と分娩期の看護、産褥期と新生児看護、周産期事例演習、精神神経疾患と治療、精神障害をもつ人の看護、精神看護事例演習
専門分野Ⅱ
(実習)
成人看護学実習Ⅰ、老年看護学実習Ⅰ、精神看護学実習
統合分野 地域で生活している人の看護、在宅で療養する人の看護、在宅看護事例演習、医療安全
37

3年次 実習を通じて実践力を磨く

さまざまな領域の実習を通じて実践力を磨き、めざす看護師像を明確にします。また、ケアの心と知識を高め国家試験に臨みます。

基礎分野 芸術と癒し
専門基礎分野 公衆衛生学、社会福祉Ⅰ・Ⅱ、関係法規
専門分野Ⅱ
(実習)
成人看護学実習Ⅱ・Ⅲ、老年看護学実習Ⅱ、小児看護学実習、母性看護学実習
統合分野 看護管理、災害看護、臨床看護の実践、看護理論、看護研究、在宅看護論実習、統合実習
24

※数字は単位数です。

履修単位合計100

Pick Up!

広い知識と確かなスキルに心を通わせる横浜実践看護専門学校の学び

フィジカルアセスメント

患者さんの症状や状態は日々変化するため、患者さんの“今”を正確に把握することが求められます。この授業では、病棟さながらの実習室でのシミュレーター演習を通じて、正確に身体状況を把握できる測定方法を学びます。また、測定値から健康状態を判断する力を身につけます。

フィジカルアセスメント

情報科学

看護師として、可能な限り患者さんと向き合う時間を多く取るためには、電子カルテや看護師支援システムの導入など、IT化が進む臨床現場に対応できるスキルが必要不可欠です。この授業では、医療フィールドで役立つITスキルをゼロから実践的に学びます。講師は、姉妹校の情報科学専門学校の先生だから、パソコンが苦手という方でも安心です。

情報科学

国際文化交流(海外研修)

”看護”といっても、国によって制度や患者さんとの接し方もさまざま。この授業では、台湾の看護学生との交流や医療施設の見学を通じて、他国との医療体制・現況の違いを肌で感じるために台湾での海外研修を行います。

異文化や価値観の多様性を理解することで、看護の視野を広げます。

国際文化交流(海外研修)

互いに学びや学校について紹介しました。

崇仁医護管理専科学校の学生とも交流しました。

学校はもちろん病院も見学

本場の中華料理も体験!