代表のご挨拶

代表のご挨拶

学園グループ校と連携し、実践力を兼ね備えた看護師を育成 学校法人岩崎学園 理事長 岩崎 幸雄

学校法人岩崎学園は、変化する社会と向き合い、「豊かな人間性と高度な技術力を備えた人材育成」という一貫した方針の下、常に神奈川・横浜という地域社会に貢献できる人材の輩出に取り組んでまいりました。

現在、神奈川県は看護師不足であることに加え、高い離職率が深刻な社会的課題となっており、その要因の一つとして、学びとのギャップにより早期離職を選択することが挙げられます。

そこで、本学園では、新横浜に横浜実践看護専門学校を開校致しました。リハビリテーション分野から地域医療を担う横浜リハビリテーション専門学校、県下初のIT系専門学校である情報科学専門学校、医療情報技師、医療事務を育成する横浜医療情報専門学校と連携し、医療分野を多角的に理解するとともに、IT化する臨床現場に対応できるようIT武装した看護師の育成を通じて、神奈川県における地域医療に貢献します。

看護学の幅広い知識と確かな技術の修得を目指して 横浜実践看護専門学校 校長 持尾 聰一郎

「人の役に立ちたい」という思いから、看護の道を志そうとしている方が多いでしょう。入院や通院の経験のある方は分かると思いますが、病院での生活において、患者さんと長く接するのは看護師であることが多いのです。したがって、看護師は病気や病態に対して看護をするだけでなく、病を持った人の気持ちを十分理解することが大切です。

つまり、病気を看るだけでなく、病人を全人的に看ていく必要があるのです。そのためには患者さんに対する「優しさ」や「思いやり」の気持ちが大切であるのはもちろんですが、看護学の幅広い知識と確かな技術を修得していなければ、病人を全人的に看ることはできません。将来、看護師として、自信を持って活躍することができるよう、是非一緒に学びましょう。私たちは皆さんの学校生活を全力でサポートします。