私が看護師を目指す理由

私たちが看護師をめざす理由

相手の不安に寄り添い向き合うことができる看護師になりたい

日本大学藤沢高等学校出身 M.Oさん 幼い頃、入院をした時不安でいっぱいだった私のそばで安心させてくれた看護師との出会いがきっかけで、看護師をめざすようになりました。
大学とも迷いましたが、早く現場で活躍できる看護師になりたいと思い専門学校に。学校説明会に参加した時に、「1人の人として向き合い寄り添うことが看護」だという言葉がとても印象に残り、この学校なら、「そばにいるだけで相手の不安に寄り添える看護師になりたい」という私の思いが実現できると思いました。
そのためにも、まずは知識と技術を確実に身につけていくことが大切だと日々痛感しています。3年後には、「看護師になりました」とクラスメイトと胸を張って言えるように仲間と支え合いながら成長したいと思っています。

私の気づきや「優しさ」「思いやり」を
きちんと形にできるような看護師になりたい

横須賀市立横須賀総合高等学校出身 M.Nさん 「将来私に何かあったときは助けてね」という母との何気ない会話がきっかけで、医療分野に興味をもちました。
看護師を目指したのは、患者さんの1番そばで生活そのものを支えることができると思ったからです。
横浜実践看護専門学校は、ベッドサイドモニターなど技術を磨くことができる施設が整っています。特に、在宅看護に興味がある私にとって、在宅看護実習室の設備が充実していることが大きな決め手になりました。
3年後には、自分に合った就職先を自信を持って選択し就職できるよう、同じ目標を持つ仲間と協力しながら学んでいきたいと思っています。

自分の思いをしっかりと形にできる看護師をめざして、
確実に知識・技術を身につけたい

県立荏田高等学校出身 M.Tさん 幼い頃、病院で不安そうにしている私に、「大丈夫だよ」という一言で安心させてくださった看護師との出会いがきっかけで、看護師をめざすようになりました。
栄養士とも迷いましたが、患者さんの生活全体に関わりたいという思いが強かったため、看護師に決めました。
学校説明会に参加した時、演習中に手元が見えるベッドサイドモニターなどこの学校ならではの施設や設備がたくさんあることにとても驚き、何よりそこで学ぶ先輩方を見て、私もこの学校で学びたいと思うようになりました。興味を持った「栄養」という視点も大切にしながら、患者さんに対して「優しさ」「思いやり」を形にできる看護師をめざしていきたいと思っています。

患者さんにとって1番身近な存在だからこそ
寄り添うことを大切にできる看護師になりたい

山梨学院大学附属高等学校出身 M.Tさん 中学生の時に職場体験で看護の仕事に触れる機会がありました。その時に出会った看護師が技術だけではなく、患者さん1人ひとりと向き合うことを大切にしている姿を見て、看護師をめざすようになりました。
学校説明会に参加した時、他の学校にはない「国際文化交流」という海外研修がカリキュラムにあり、海外の医療に直接触れることができると先輩からお話を聞き、私もこの授業を受けたいという思いが強くなりました。
1人暮らしもスタートしたので、身の回りのことも自分できちんと管理をして、人としても成長することが、看護への道につながっていると思っています。そして、社会人になる前の最後の学校生活。仲間と充実した学校生活を過ごしていきたいです。

後悔しない自分に合った就職先を学びながら決定していきたい

帝京平成大学出身 K.Uさん 「人を助ける仕事がしたい」という思いから救命救急の仕事に就くために大学に進学しました。でも、病院実習をしている時に、もっと患者さんの近くで働けたらという思いが強くなり、進学を決意しました。
横浜実践看護専門学校に進学を決めたのは、2人に1台のベッドなど、納得するまで技術を身に付けることができる環境が整っていたからです。また、就職先を自由に選べるところも魅力に感じました。入学後は、同じ目標を持つ仲間なので年齢の差に不安を感じることなく過ごしています。
救命救急で学んだことも大切にしながら、新たな気持ちで「看護」を学び、日々成長できればと思っています。

患者さんはもちろん家族も安心させることができる看護師になりたい

山形県立米沢商業高等学校出身 Y.Wさん 看護師をめざす姉の姿を見ていたので、自然と私も姉のように「人を助ける仕事」に携わりたいと思うようになりました。
地元はもちろん、県外の様々な学校を見学しましたが、横浜実践看護専門学校の、先生と先輩方の距離がとても近く、いつでも相談できる雰囲気が私には合っていると学校説明会で強く感じました。また、学園の指定寮があり、母が気に入ってくれたのも最後の後押しになりました。
将来は、患者さんはもちろん家族も安心させることができる看護師になりたいと思っています。そのためにも、私の憧れでもある姉のように日々の学びの積み重ねを大切にしていきたいです。