教育理念・教育目標

教育理念

生命の尊厳と倫理観の高い、豊かな人間性を養い、社会生活を営む人々の求める保健医療福祉においてチーム医療の一員として看護者の役割を担う人材の育成を図る。専門的知識、確かな技術を身につけ、豊かな創造力をもち感性を大切に育む心をもった看護実践者の養成を目ざす。

教育目的

学校教育法及び保健師助産師看護師法に基づき看護に関する教育を行い、人格の涵養につとめ社会に貢献できる有能な看護師を育成する。

教育目標

1. 生命の尊厳を基盤とし、生活者としての人間を統合的に幅広く、深く理解する能力を養う。 2. あらゆる健康レベルや生活の場に応じた健康上の課題に応じた看護を実践する基礎的能力を養う。 3. 保健医療福祉に対する県民のニーズに対応でき、チームの一員として看護の主体性を発揮する基礎的能力を養う。 4. 感性豊かな人間性を養い、医療人として高い倫理観に基づいた態度を養う。 5. 専門職業人として常に探究する姿勢を養う。 以上